藩士の子弟に儒学の教養を授ける目的で藩校が設けられました。紀州和歌山藩藩校の名が「学習館」です。またつづいて江戸藩邸に「明教館」、伊勢松阪城に「松阪学校」が作られました。
江戸時代初期100年間ほどは藩立学校はなく家塾で学んでいました。
五代藩主(後に八代将軍)徳川吉宗は1713(正徳3)年、和歌山の湊昌平河岸に、初めて藩立学校「講釈所」を開きました(後に「講堂」と改称)。当時これに類する藩校を開設していたのは岡山藩・会津藩・佐賀藩などわずかでした。
十代藩主治宝(はるとみ)は1791(寛政3)年、湊の「講堂」を改修増築して「学習館」と改称し、規則や職員制度を整備しました。1836(天保7)年さらに拡張されています。
幕末の多事にあたって十三代慶福(よしとみ)は、江戸国学所(1855安政2年)・紀伊国学所(1856安政3年)を開設して国学教育を始めるとともに、江戸文武場(1856安政3年)・若山文武場(安政3年から万延年間)を開設して武術とともに和漢洋の学問所を併置して蘭学を授けました。さらに十四代茂承(もちつぐ)は1866(慶応2)年、若山文武場を拡張してそこに「学習館」を移しました。
1869(明治2)年制度変革して四民の入学を許可。1871(明治4)年廃藩置県で藩校は廃止され「県学」になりました。



       

※画像をクリックすると、拡大図が閲覧できます。



 
 
学習館所蔵 紀州藩文庫リストはこちらから


  >>TOPページへもどる